新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月27日 13時00分 UPDATE

ビッグマックに融解銅(1085度)をぶっかけてみたら、カラフルなドーナツができた

良い子はマネしないでね。

[Kikka,ねとらぼ]

 海外のYouTuberが、「ドロドロに溶かした超高温の銅をビッグマックにぶっかける」という謎の実験を公開し、500万を超える再生回数を叩きだしています。

 ビッグマックにぶっかけられているのは、ドロドロに溶けた銅。銅が溶け出す温度は1085度と言われていますが、ビッグマックの運命やいかに……。


ビッグマックVSドロドロに溶けた銅 まずはビッグマックを準備。

ビッグマックVSドロドロに溶けた銅 続いて銅。世紀の対決に向けて炉の中で熱く、たぎっている

ビッグマックVSドロドロに溶けた銅 ついにゴング……! 果たしてビッグマックの運命は……

ビッグマックVSドロドロに溶けた銅 炎を上げるビッグマック。やはり一瞬で溶けてなくなるのか……

ビッグマックVSドロドロに溶けた銅 あれ? バンズは焦げてるけど、原型を留めてる……? パティにも銅をドーン

ビッグマックVSドロドロに溶けた銅 ウェルダン風の焼き加減になったものの、その下のレタスはまさかの無傷

 一瞬でビッグマックが溶けることなく、銅がすべるように流れたのは「ライデンフロスト効果」が発生したからだと考えられます。

 「ライデンフロスト効果」とは、対する金属の温度が高温すぎる場合、瞬時に蒸発した水分が水蒸気状の膜を作って、熱を遮断する効果を指します。つまり、ビッグマックと銅との間に水蒸気が発生したため、直接ビッグマックに銅が密着できず、滑り落ちたのです。

 この現象は、実は身近なもので、アツアツのフライパンに水滴を垂らした際に、水の粒がフライパンの中で踊る状態も「ライデンフロスト効果」です。


ビッグマックVSドロドロに溶けた銅 よし、こうなったらバラして、溶けた銅だまりの上で焼いちゃえ

ビッグマックVSドロドロに溶けた銅 ジュージュー音を立てて焦げていく、“ビッグマックだったもの”

ビッグマックVSドロドロに溶けた銅 バンズは炭化して石のような状態。チーズはまさかのほぼ無事……!

ビッグマックVSドロドロに溶けた銅 ここから、水をぶっかけて一気に冷却(水蒸気の上がり方が尋常じゃない)

ビッグマックVSドロドロに溶けた銅 完全に冷却されると、カラフルなドーナツ状に……ビッグマック銅ナツ、爆誕!

ビッグマックVSドロドロに溶けた銅 重量は、3ポンド14オンス(約1750グラム)

 動画には「食べ物を粗末にするな」という意見から「温め直し方がまるでゴッド・オブ・ウォー(ゲーム)のようだ」、「マックシェイクでも見てみたい」など賛否さまざまな意見が寄せられています。

 投稿者は、YouTubeにTito4reというチャンネルを開設しており、ビッグマックのほかにもコカ・コーラ缶からナイキのスニーカー、ココナッツまで、とにかく溶けた銅をぶっかけまくっています。


ココナッツVSドロドロに溶けた銅 ココナッツもまさか、銅を流し込まれるとは思っていなかったはず

 これからも、色々なものが銅のエジキになってしまうのでしょうか。なんだかついついチェックしてしまいそうです。


(Kikka)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー