新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月28日 09時44分 UPDATE

X線天文衛星「ひとみ」通信途絶える 5つに分離したとする情報も

何が起きたのかは不明。

[ねとらぼ]

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3月26日、X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)が運用開始時に衛星からの電波を正常に受信できず、その後も衛星の状態を確認できない状況が続いていると発表した。軌道上の物体を監視している米戦略軍統合宇宙運用センター(JSpOC)の情報によると、「ひとみ」は現在5つに分離した状態にあると報告している。


 JAXAによると、通信不良の原因は不明。短時間ではあるものの衛星からの電波を受信できたことから、引き続き衛星の復旧に努めているとのこと。

ひとみ X線天文衛星「ひとみ」(イメージはJAXA公式サイトより)

 「ひとみ」は「X線マイクロカロリメータ」や搭載された検出器により、80億光年先の遠方を観測。X線でしか観測できない数千万度の高温ガスの激しい動きの直接測定や、生まれたての銀河の中心にある巨大ブラックホールなどの観測を行い、宇宙がどのように進化して、今ある宇宙になったのかの謎に迫る目的で2月17日に打ち上げられた。

ひとみ なにが起きたのか?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事