新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月29日 15時50分 UPDATE

抱きしめるだけで「大好き」が伝わる KDDIがクマのぬいぐるみ型コミュニケーションツールを開発

胸のディスプレイに相互の気持ちがスタンプで表示される。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 KDDIの運営する「au未来研究所」が、クマのぬいぐるみ型のIoTコミュニケーションツール「Comi Kuma(コミクマ)」を開発しました。なでたり抱いたり、ぬいぐるみに触れるだけでスタンプをやりとりできます。


コミクマ Comi Kuma

 「コミクマ」はBluetoothの通信モジュールに加え、タッチセンサーや、二酸化炭素を検知するキスセンサーなど、12個のセンサーを搭載。これらが、手を握ったりキスをしたりといった、ぬいぐるみに対する動作を判別します。そして動作に応じたスタンプを、スマホ経由で相手先の「コミクマ」へ送信。スタンプは、胸のリボンに配された小型ディスプレイに表示されます。


イメージ 「コミクマ」による通信のイメージ

センサー 8種類のセンサーを各部に搭載

アクションとスタンプ アクションとスタンプの対応。全11種類のスタンプが用意されている

 「コミクマ」は、コンセプトモデルとして開発されたもの。キーボードやボタンを必要としないため、スマホを使い慣れていないお年寄りや子どもでも、スタンプによる直感的なコミュニケーションをとれます。au未来研究所では開発にあたり、1月23日から29日まで、少子高齢化が進む秋田県南秋田郡五城目町でユーザートライアルを実施。その結果、「コミクマ」の利用が習慣化され、これをきっかけに電話などを使った直接的なコミュニケーションの機会が増加したそうです。


(沓澤真二)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事