新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2016年03月30日 07時00分 UPDATE

二階堂ふみ&真木よう子がエロティックな“金魚ダンス”を披露 映画「蜜のあわれ」最新映像が公開

ウチの金魚が艶めかしく見えてきた。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 4月1日より公開される映画「蜜のあわれ」で、少女の姿となった金魚・赤子役の二階堂ふみさんと、幽霊役の真木よう子さんがともに“金魚ダンス”を舞う場面が公開されました。時に妖艶に、時に子どものように無邪気に飛び跳ねるその姿はなんともエロティック。

「蜜のあわれ」ポスター 映画ポスター

「蜜のあわれ」二階堂ふみ金魚ダンス 二階堂ふみさんによる“金魚ダンス”

 原作は、金沢三文豪の一人である室生犀星さんが晩年に発表した同名小説。映画では、作者自身を想起させる老作家と、彼が愛でる“少女の姿に変貌する金魚”との無邪気かつエロティックな触れ合いが描かれます。

「密のあわれ」老作家と赤子 老作家と赤子

 二階堂さんは、丸いお尻で自分のことを“あたい”と呼び、金魚から人間の姿に変身する少女・赤子を、真木さんは、赤子と共に暮らす大杉漣さん演じる老作家の過去の女である幽霊を、そして、金魚売りの辰夫を永瀬正敏さんが演じます。

 この“金魚ダンス”のメイキング映像も公開されており、二階堂さんが真木さんにステップを伝授するシーンなどが収められています。「映像化は不可能」ともいわれた日本最初期のシュルレアリスム小説がどのような映画になったのか、劇場に足を運ぶのが楽しみです。

「蜜のあわれ」金魚ダンスメイキング 2人の練習シーン

「蜜のあわれ」金魚ダンス本番 そして本番へ

(C)2015「蜜のあわれ」製作委員会

関連キーワード

ダンス | 映画


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事