ニュース
» 2016年03月30日 09時30分 UPDATE

海外オタク見聞録:「ウィザードリィ」とアニメの意外な関係 作者ロバート・ウッドヘッド氏インタビュー

「ウィザードリィ」の作者として知られるロバート・ウッドヘッド氏。実は日本のアニメを翻訳する事業も手がけています。

[松岡洋,ねとらぼ]

 ゲーム「ウィザードリィ」の作者、ロバート・ウッドヘッド氏がAnimeJapan 2016のために来日。日本のアニメとの関係は――? 話を聞いてきました。

 ウッドヘッド氏はゲームクリエイターであると同時に、米国のアニメ配給会社AnimEigoの創設者でもあります。今回も日本のアニメの買い付けで来日しました。

 同氏がアニメと関わったきっかけは、友人のロー・アダムス氏(ウィザードリィの開発に携わった)が日本のアニメファンであったこと、同氏自身、映画が好きでアニメもその一形態として観ていたこと。アダムス氏がアニメに字幕を付けたいと言い出し、それなら正式に日本からアニメを買い付けて翻訳しようと共同で1989年にAnimEigoを設立したのだそうです。

 同氏は映画の中でも特にSFを好んでおり、「AKIRA」(大友克洋監督)や「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(押井守監督)が好きとのこと。このような1980〜90年代の高品質なアニメが活動の原点になっていると語ります。

ロバート・ウッドヘッド氏 ウッドヘッド氏が手にしているのが「バブルガムクライシス」のBlu-rayパッケージ

 AnimEigoでは現在、日本のアニメの英語化に当たり、ウッドヘッド氏を中心に、クラウドファンディングで資金を募り、ファン参加型でBlu-rayを製作しています。例えば、「バブルガムクライシス」のパッケージのデザインはファンによって描かれたものが使われ、「おたくのビデオ」には、出資してくれたファンの名前を入力すると「おたく認定証」が表示されるイースターエッグと呼ばれるおまけが組み込まれています。

ウィザードリィが日本のアニメに影響も

 押井守監督のアニメ「劇場版パトレイバー2」には、自衛隊の要撃機のコールサインとしてウィザードリィにちなんだ「ワイバーン」「ウィザード」「プリースト」「トレボー」(Trebor:ウィザードリィに登場する王様でロバートのつづりを逆にしたもの)が使われています。それを話すと、同氏は「アニメは見たけれど、それは気が付かなかった。もう一度見てみよう」と驚いた様子。

 実は押井監督はウィザードリィのファンで、自身の作品にウィザードリィネタを散りばめているのですが、他のアニメ関係者にも同タイトルのファンが多く、実写版パトレイバーの「クロコダイル・ダンジョン」(田口清隆監督)や、「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」でも「ホークウィンド」「トレボー」がコールサインとして使われています。

 このようなアニメへのウィザードリィの影響を聞いて、ウッドヘッド氏はいろいろな文化が国境を越えて影響し合っていると指摘。「例えばフランス映画は大西洋を隔てたアメリカの映画にも影響を与えてきましたが、逆も真なりでハリウッド映画はフランス映画にも影響を与えている。アニメもハリウッドの影響を受けて日本で発展した映像表現のジャンルであるが、同じように海を越えてアメリカの映画界にも影響を与えています」と語りました。

 「もし押井守監督がアメリカにいたならば実写映画を手掛けただろうし、ジェームス・キャメロン監督が日本にいたならば、アニメを制作しただろう」と、ストーリーテリング(物語の入れ物)としてのアニメがあり、お互いに海を越えて影響を与えている、とも。

 ウッドヘッド氏は好きなアニメ監督として宮崎駿監督と押井守監督の名を挙げ、アメリカの若い世代にも、今制作されているアニメを見るときに、理解するための「古典」として洗練された80〜90年代のアニメを勧めています。今回の来日の目的もそうした作品を買い付けるためのようでした。

ウッドヘッド氏 ウッドヘッド氏からプレスに贈られた2つのパッチ。アメリカに根付いたオタクたちの原点なのかもしれません。

松岡洋

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー