ニュース
» 2016年03月31日 12時00分 UPDATE

ふてぶてしい“L座り”やひょっとこの面も継承してる! 池松壮亮演じる「デスノート2016」竜崎も魅惑的

まがまがしすぎるひょっとこ面姿も披露。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 10月29日公開予定の映画「デスノート2016」。そのメインキャストの一人、池松壮亮さんが演じる“竜崎”の場面写真が解禁されました。前作のL(松山ケンイチさん)とはまた違う、妖しげな雰囲気を漂わす気だるげな“L座り”が不思議な魅力を放っています。

L座り 池松壮亮さん演じる竜崎の“L座り”

 「デスノート2016」の舞台は、2006年に公開された「DEATH NOTE」「DEATH NOTE the Last name」で繰り広げられたキラこと夜神月(藤原竜也)とLの対決から10年後の世界。Lと同じく世界的名探偵の竜崎(もちろん偽名。Lが日本のキラ対策本部で10年前に使っていた偽名を受け継いでいる)。L亡き後、ワイミーズメンバーとともに世界中の難事件を解決している竜崎は、Lの正統後継者として世界中の諜報機関・捜査機関から一目置かれつつも、要注意人物としてマークされています。

 公開された画像は、そんな竜崎の何を考えているかわからない妖しさオーラがこれでもかというくらい醸し出されています。

ひょっとこ面を被った竜崎 ひょっとこ面姿でたたずむ竜崎

 もう1枚の解禁画像は、薄黒いひょっとこのお面をかぶった竜崎が雑踏をバックにたたずむ姿。前作でLが月に会うときに顔を隠すためにひょっとこ面を使っていましたが、それとはまるで違うまがまがしいブツと化しています。ここにも、竜崎の特異な性格が現れているようです。

 同作のプロデューサー・佐藤貴博さんは「前作の月とLは完全に対立していましたが、(東出昌大さん演じる捜査官の)三島と竜崎はともに捜査する関係。しかし、そこには対立と疑念がある、という構図」と証言。菅田将暉さん演じる狂気の天才サイバーテロリスト・紫苑も絡む三つどもえのデスノート争奪戦。果たしてどんなストーリーが展開するのでしょうか。

天才×天才×天才、三つ巴のデスノート争奪戦の行方は?(映画公式サイトより) 天才×天才×天才によるデスノート争奪戦の行方は?(映画公式サイトより)

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

ADAKEN


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう