ニュース
» 2016年04月04日 14時40分 UPDATE

「ルノワール展」が喫茶室ルノアールやキルフェボンとコラボ 代表作「横たわる裸婦」も魚のムースに変身

ルノワールの名画が、これぞ印象派といわんばかりに料理に変身。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 4月27日から国立新美術館(東京・六本木)で、19世紀印象派の代表画家であるピエール・オーギュスト・ルノワールの展覧会「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」が開催されます。記念して「喫茶室ルノアール」「キルフェボン」など複数の飲食店とのコラボキャンペーンが決定しました。

ルノワール展ルノワール展 絵画「横たわる裸婦(ガブリエル)」をイメージした「白身魚とサーモンのムースリーヌ ブーダン仕立て」。これぞ印象派……! 《横たわる裸婦(ガブリエル)》1906年頃 油彩/カンヴァス オランジュリー美術館、ジャン・ヴァルテル&ポール・ギヨーム・コレクション (C)RMN-Grand Palais(musée de l'Orangerie)/Hervé Lewandowski/distributed by AMF

 六本木のフレンチレストラン「オーベルジュ・ド・リル トーキョー」では、ルノワールの絵画をモチーフにした特別メニューを5月10日〜27日に提供。ルノワールが生涯熱心に取り組んだ裸婦像の1つ「横たわる裸婦(ガブリエル)」を魚のムースで再現した「白身魚とサーモンのムースリーヌ ブーダン仕立て」など、まさに印象派といわんばかりに名画のイメージを料理に落とし込んでいます。展覧会のチケット付きの特別ランチコースは1人6030円(以下すべて税込、手数料別)。

ルノワール展ルノワール展 「田舎のダンス」で踊る男女を、オリーブの色合いやイカのベニエでイメージした「オリーブを纏った的鯛と烏賊のサラダ サフラン風味」。女性のグローブもサフランソースで再現 ▼▼《田舎のダンス》1883年 油彩/カンヴァス オルセー美術館 (C)RMN-Grand Palais(musée d’Orsay)/Hervé Lewandowski/distributed by AMF

ルノワール展ルノワール展 お皿全体をキャンバスに見立て、「ピアノを弾く少女たち」などルノワールの柔らかな色彩を料理で表現した「イトヨリのポワレ 蓮根のクネルとフヌイユのエチュベ タイムの香り」 《ピアノを弾く少女たち》1892年 油彩/カンヴァス オルセー美術館 (C)RMN-Grand Palais(musée d’Orsay)/Hervé Lewandowski/distributed by AMF

ルノワール展ルノワール展 印象派の最高傑作「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」で踊る女性の様子をイメージしたデザート「ブルーベリーとホワイトチョコレートのドーム仕立てグリオットのソルベ添え」 《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》1876年 油彩/カンヴァス オルセー美術館 (C)Musée d’Orsay, Dist. RMN-Grand Palais/Patrice Schmidt/distributed by AMF

 国立新美術館3階にあるレストラン「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」では展覧会期間中(休館日を除く)、ルノワールが生前愛していた料理にちなんだメニューを用意。ルノワールの妻アリーヌの得意料理であったブイヤベースや、ルノワールが好んで食べたという仔牛肉のシチューなどをコースで堪能できます。ランチコース(前菜・魚料理・デザート・コーヒー・パン&リエット付き)が5184円、これに肉料理が加わったディナーコースが7344円。

ルノワール展 「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」のルノワール愛好料理にちなんだ4品

 またカフェチェーン「喫茶室ルノアール」は店名がルノワールに由来しているということでめでたくタイアップ。銀座2丁目店、銀座松屋通り店、六本木ラピロス店、日本橋郄島屋前店、上野しのばず口店では、「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」を描いたコースターを用意。来店した当日にルノワール展へ持参すると観覧料金が100円引きになります。また同店の半券を提示すると一部ドリンクが50円引きになるサービスも全店で展開します。

ルノワール展 ルノワールにゆかりある有名喫茶店がコラボ!

 そして旬のフルーツをふんだんに使うことで知られるタルト店「キル フェ ボン」も、4月27日〜5月30日にルノワール展とタイアップしたケーキを発売します。実施店舗はグランメゾン銀座、青山、東京スカイツリータウン・ソラマチ店、横浜の4店。さらにグランメゾン銀座店では4月21日〜5月30日にルノワールの世界観を楽しめるパネル展も開催。ルノワール展公式サイトで詳細が4月上旬に公開されますが、あの豪勢なタルトとルノワールの作品がどのようにコラボするのか期待が高まります。

ルノワール展ルノワール展 あのフルーツたっぷりタルトにルノワールの華やかな世界がどう反映されるのか……!

 ルノワール展は4月27日から8月22日まで開催、休館日は毎週火曜日(5月3日、8月16日は開館)。開館時間は10時から18時まで(金曜、8月6日、13日、20日は20時まで、入場は閉館の30分前まで)です。観覧料は一般が前売1400円、当日1600円。

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう