ニュース
» 2016年04月01日 13時37分 UPDATE

ラクダに乗ってまったり遊覧 神戸どうぶつ王国の新アトラクション「ラクダライド」開始

アルパカの赤ちゃんもやってきます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 本日4月1日より、兵庫県の神戸どうぶつ王国に、フタコブラクダに乗れる「ラクダライド」が登場します。


ラクダ フタコブラクダに乗ってゆらゆら(画像は公式サイトより)

 スタッフが引くラクダに乗って、円形のエリアを1周するこのアトラクション。利用者は2つのコブの間にまたがって、高い視界や心地よい揺れ、コブの感触を楽しめるそうです。

 同施設はラクダライド実施に際して、那須どうぶつ王国からフタコブラクダのクララ(約17歳♀)を招いています。クララは今までにも多くの施設でお客さんを乗せてきた大ベテラン。神戸どうぶつ王国にもともといたジェシー(3歳♀)も、近い将来ラクダライドができるよう訓練中とのこと。

 ラクダライドは毎日、10時45分〜11時45分と、13時45分〜14時45分に、各回20人限定で実施。土日祝日は15時45分〜16:45分にも実施されます。利用者対象は身長100センチ以上、体重80キロまで。料金は1回800円で、別途入場料金がかかります。


アルパカ アルパカの赤ちゃんもやってきた(画像は公式サイトより)

 那須どうぶつ王国からは、2015年9月7日に生まれたアルパカの赤ちゃん、嵐(♂)もやってきています。嵐には屋内エリアで、今月中に会える予定だそうです。ラクダに乗って、アルパカを眺めてと、ゆったりとした時間を過ごせそうですね。


(沓澤真二)


関連キーワード

アルパカ | 神戸


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう