ニュース
» 2016年04月02日 08時00分 UPDATE

60メートルの“巨人”警察官になって街を守るVRゲーム「Giant Cop」 悪い犯人はつまんで警察署へポイー

犯人をつまみあげて警察署にポイッするだけの、簡単なお仕事です。

[束子,ねとらぼ]

 カナダの独立系開発会社「Other Ocean Interactive」が、VRゲームの特性を生かしたユニークな作品「Giant Cop」を製作しています。



巨人警察官VR

 遊び方は、VRヘッドセットを装着したプレイヤーが約60メートル級の“巨人”警察官となって、「マイクロシティ」を見下ろしながらパトロール。怪しい奴を発見したら、手に持ったVRコントローラでつまみ上げて、問答無用で警察署にポイっと投げ入れるだけの、とても単純なものです。


巨人警察官VR 眼下に広がる「マイクロシティ」

巨人警察官VR 怪しい奴を見つけたらつまんで……

巨人警察官VR ポイッ! 弁解も、黙秘権の権利もありません

 街中で動くものは車でも無実の市民でも、プレイヤーが「怪しい!」と思ったものは、なんでも署に投げ込むことができます。たとえ狙った獲物が物陰に隠れていたとしても、ベンチや植木を退かして捕まえられるのです。そして、放り投げた車が橋に当たった時には、大爆発! なにそれ、怖い。


巨人警察官VR まるでミニチュアのように自由に動かせます

巨人警察官VR 投げた車が爆発した瞬間。ちなみにヘリコプターも爆発します

 もちろん、大きな事件も発生します。YouTubeで公開されているデモンストレーション動画には、爆発現場から飛び去る、1台の怪しい車が……。この車は事件と関係があるのでしょうか。非常に気になります。



巨人警察官VR 街のカラフルな車とは明らかに違う、黒と赤の装い。怪しすぎます

 良くも悪くも、市民の平和がプレイヤーの手にかかっている「Giant Cop」。詳細はまだ明かされていませんが、リリースは2016年を予定しているそうです。


束子


関連キーワード

ゲーム | カナダ | YouTube


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう