ニュース
» 2016年04月02日 22時00分 UPDATE

迫力すごそう サメ35匹に囲まれて一夜を過ごす体験をAirbnbがプレゼント

「パリ水族館」でサメに囲まれて一夜を過ごせます。

[Glycine,ねとらぼ]

 パリの水族館で35匹のサメに囲まれて一夜を過ごせる体験の希望者を、宿泊サービス「Airbnb」で募集しています。

サメに囲まれた水中の部屋 サメに囲まれた水中の部屋は360度の眺め(画像はairbnbのWebサイトより)

  Airbnbではここ数年間、ロワールのお城やオリンピックのスキージャンプ台の頂上など、一風変わった場所での宿泊が当たる企画を行っています。希望者は、動機を説明して応募するのがルール。

 エッフェル塔のすぐそば、1867年にオープンした世界最古の「パリ水族館」で、300万リットルもの水中にしつらえた「部屋」の周りには、35匹のサメがうようよ。

水中の部屋 サメが泳ぐ水槽中の部屋には円形のベッド(画像はairbnbのWebサイトより)

 幸運な当選者を、ベルギー出身のフリーダイバー兼写真家のFred Buyleさんがお迎え。サメの隠された生活や、誤解されている理由、いかに海洋の生態系に不可欠な存在であるかを学ぶことができます。

Fred Buyleさん 「早くみんなを僕のかわいいサメちゃんに会わせてあげたいです。ぜひ来てね! 」と呼びかけるフリーダイバー兼写真家のFred Buyleさん(画像はairbnbのWebサイトより)

 宿泊は4月11日から13日まで、1泊2人1組の計3組。ディナー&ブレックファスト付き、インターネットやテレビはありませんが、お風呂も付いています。

サメを眺めながらディナー サメを眺めながらロマンチック・ディナー(画像はairbnbのWebサイトより)

 18歳以上で健康であり、はしごで部屋の出入りができる、また当選者とゲスト2人合わせて190キロ未満(安全上の理由から)、という条件を満たせば、地球の裏側からでも応募でき、しかも往復の運賃まで含めてすべて無料!

室内 宿泊中にサメについてたっぷりお勉強(画像はairbnbのWebサイトより)

 応募の締め切りは4月3日23時59分(中央ヨーロッパ時間)、日本語でも50字から300字以内で応募メッセージを受け付けています。応募したら、くれぐれも「ジョーズ」は見ないように。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう