連載
» 2016年04月03日 11時00分 UPDATE

司書メイドの同人誌レビューノート:お花見専用から手動のいかだまで 東北の「渡し船」体験をリポートした同人誌に人々の暮らしを感じる

らんます屋さんの「水を越えて〜渡船にゆられて〜 第7巻東北の渡し船+α」をご紹介。

[シャッツキステ,ねとらぼ]
シャッツキステ

 私設図書館「シャッツキステ」のまわりでは桜が咲き始めました。先日はメイドがそれぞれ手作りのおかずやお菓子を持ち寄って、ささやかなお花見をしました。花のあるきれいな風景をのんびり眺めるのは、肩の力が抜けていきますね。

 でも花の季節は意外と短くて、地域によっては早くしないと見逃してしまうかも? では、満開の桜を追って、北上してみてはいかがでしょうか。しかも渡し船に乗って!

今回紹介する同人誌

「水を越えて〜渡船にゆられて〜 第7巻東北の渡し船+α」 B5 20ページ 表紙1色刷り・本文モノクロ

著者:らんます


水を越えて〜渡船にゆられて〜 第7巻東北の渡し船+α どーんと写真と手書き文字。一色刷りでインパクト大!

行ってみたくなる! 渡し船の現地リポート

 この本は、日本全国の「渡し船」が運航している土地に実際に出かけ、乗船した様子をリポートした同人誌です。

 渡し船と言えば、船頭さんに案内されて乗ったボートで川の向こう岸まで……というイメージでしょうか。ありますあります、そんな光景。しかし渡し船が活躍しているのは川だけではないのですね。この本では川、海、沼の三カ所で発行当時(2015年夏)に運航していた船が紹介されています。海の間の小さな島々を渡る船、人知れぬ沼を渡る船……ひとくちに「渡し船」と言ってもさまざまな種類があるんですねぇ。それらの大きさ、形態、定員、運航距離などの情報に加え、目的地にたどり着くまでの様子や、乗船の感想が軽やかな文章でつづられています。全ページモノクロなものの、写真も分かりやすくて訪れる際の参考になります。

rmfig43-2.jpg リポートと写真と、船の情報が掲載されています。お花見のころにだけ運行する渡し船って?

 例えば、岩手県で桜の咲く時期にだけ運行するという「北上川渡し船」。あら、お花の時期だけに渡って行くなんて、ロマンチック。本文でも「花見に船とは、粋ですね〜」との言葉が。うんうん、と頷きながら読み進めると「あれ? 桜は?」と不穏な流れに。なんと、わざわざ足を運んでみたものの、その年は開花が早く、既に葉桜になっていたとか。しかし作者さんは「花はなくとも、花見は花見♪」とせっかくなので乗船して桜並木まで行ってみることに。すると、葉桜ですがまだまだ見ごろの並木道が続いているではないですか。写真からも花開いた並木道の様子が分かります。良かったー! その土地に赴き、船とその周辺の旅を楽しむ作者さんの目線を温かく感じます。

rmfig43-3.jpg 渡し船とその周囲の様子がリポートされています。船に乗るまで、乗った後もいろいろな出会いと発見があって楽しそう!

rmfig43-4.jpg 本文ではモノクロですが、参考にカラー版もご提供いただきました。やわらかな葉桜の緑が美しいですね。桜が見られて良かった!

衝撃の自己責任渡し船

 さて、ここで少しページを戻して、本をめくり直してみましょう。表紙を見て、あらためてページを開くと中表紙です。そこには、驚きの渡し船の姿が。……これ、渡し船ですか!? ドラム缶に柵がついてるだけですよ!

水を越えて〜渡船にゆられて〜 第7巻東北の渡し船+α こちらが衝撃の渡し船! ……渡しいかだ?

 静かに波紋の広がる水面に浮くいかだ……これは沼の散策用の渡し船です! エンジンなどというものはなく、ロープを手繰って進むスタイルです。無視できない佇まい……写真を見ているだけでなんだか心がざわざわします。

 こちらの渡しいかだについても、もちろんリポートされています。それによると、もともとちゃんとした船があったのですが、雪害により破損。その後、地元の有志の方々によっていかだになり復活したのだとか。横の印象的な建物は、ダムの堤防で、珍しい建築例のため国の重要文化財になっているそう。湖面に写った白い柱、とろりとしていそうな沼の水。そんな沼を探索する渡し船の動力源は己の腕力のみ! 「若干、船着場が沈みかけている」といった、細やかなリポートに胸高鳴ります。いかだはトムソーヤ号と名付けられているとのことで……ぴったりですね!

rmfig43-6.jpg カラー版はこちら。静かな沼の雰囲気が伝わってきそうです。存在感ありますね……

タイトルも本文も全て手書き文字! 渡し船への愛!

 こちらの本はシリーズで、もう7巻も発行され、各地の様子がそれぞれにつづられています。本文の画像でも分かりますが、なんと文字は全て手書きです。表紙のタイトルも、詳細に書かれたリポートも。最初は「あれ? 手書きなんだ」と少し驚きました。でもこれって手書きだから楽だとか雑だとかということではなく、むしろ結構な労力がかかるスタイルだと思います。そして文章のポイントとなるところには小見出しがついていたり、ページごとに写真もたくさん載っていて、文字をたどるのは決して苦になりません。

 作者さんは、「渡し船はこれから先の時代では斜陽的なものとなっていくのかもしれません」と記しています。私にもそのイメージがありました。どこか懐かしく、寂れた風景のような……けれど、この本に載っている船はどれも現役で、それぞれの地で愛され、活躍している様子が心にじんわり染みるようです。桜の時期の渡し船は1日の利用者数が1000人を越えており、島々をつなぐ渡し船は学生が通学に利用していたり、郵便局員さんが通勤のために使ったり……。沼のトムソーヤ号だって、わざわざ復活させた方々がいっしゃるからこその存在ですよね。なんだか郷愁に誘われるようだけれど、決してそれだけではなく、いまも愛され、必要とされる人々のくらしを感じる乗り物なんですね。

 そんな渡し船への愛情が手書きの文字によって、素直に伝わってくるこの本、次の一冊は四国の渡し船についての内容を予定されているそうです。今度はどんな船が待っているのか、楽しみです。

rmfig43-7.jpg 小さな船に、人々の営みの息づかいを感じるようです

サークル情報

サークル名:らんます屋

参加予定イベント:公共交通&旅行系オンリーイベント「Little“T”Star! 7」(5月22日 石川県金沢市で開催)に委託、コミックマーケット90

連絡先:ranmas1011@gmail.com


今週のシャッツキステ

シャッツキステ 2週間のお休みをいただいていたシャッツキステも、本日から通常開館いたしました。久しぶりにたくさんスコーンを焼いて、スープを作り、一息ついて。さて、なにか今週の同人誌にちなんだものはあるかしら? 船、船……と見回したら、ありました! ボトルシップが飾られていました。あれ? 肝心の船がちょっぴり見えないですが、入口近くにそっと飾られていますので、ご来館の際は探してみてくださいませ

著者紹介

司書メイド ミソノ 司書メイド ミソノ:秋葉原カルチャーカフェ「シャッツキステ」でメイドとしてお給仕する傍ら、とある大きな図書館で司書としても働く“司書メイド”。その一方で、こよなく同人誌を愛し、シャッツキステでも「はじめての同人誌づくり」「こだわりの特殊装丁」の展示イベントを開く。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えた辺りで数えるのをやめました」と語る

関連キーワード

| 花見 | 写真 | 同人誌 | 手書き


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー