ニュース
» 2016年04月03日 11時40分 UPDATE

呪符の歴史が学べる展覧会「おふだにねがいを―呪符―」が開催!

歴史学、考古学、民俗学などから多角的にまじないについてを学ぶ真面目な展覧会です

[伊佐治龍/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 昔から人々が願を掛けてきた「呪符(おふだ)」の展覧会が新潟県立歴史博物館で4月23日から6月5日まで開催される。


画像

 展示は同博物館研究員がこれまで行ってきた、古代の遺跡から出土する呪符木簡や現代のおふだに関する研究成果に基づいているという。展覧会には貴重な“出土品”や“民俗資料”としてのおふだが多数展示されている。そして、祈りやまじない、信仰が、古代から現代まで形を変えながら連綿と続いてきたという展示品の歴史が学べるのが特徴とのこと。

 問い合わせた担当者によると、「例えば、『蘇民将来』というおふだは、家内に災いや伝染病などが入り込まないよう門口に掲示されたもので、なかにはその後、本来の意味が変わって、招福や五穀豊穣の願いが込められた事例もあるんです」とのこと。


画像 おんたけさんのお札「急々如律令蚕守」(個人蔵)

画像 「蘇民将来符」(南魚沼市浦佐・千手院)

 また関連イベントも多く、歴史学・考古学・民俗学など、さまざまな視点から迫るのも魅力の一つとなっている。

 おふだと呪物崇拝や人形(ヒトガタ)に関する講座や、文字文化とまじないに関する講演会、また朝のラジオ「モーニングゲート」(FM PORT)のナビゲーター遠藤麻理さんを迎えて「おふだトーク」など開催される予定だ。


画像 「秘符 弘法大師御作」(個人蔵)

  • 会期:4月23日〜6月5日
  • 時間:9時30分〜17時(観覧券の販売は16時30分まで)
  • 場所:新潟県立歴史博物館 企画展示室
  • 休館日:毎週月曜日(ただし5月2日は開館)
  • 観覧料:一般720円(570円)、高校・大学生500円(400円)、中学生以下無料 ※(  )は20人以上の団体料金

(伊佐治龍/LOCOMO&COMO)


関連キーワード

歴史 | 博物館


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう