ニュース
» 2016年04月05日 07時00分 UPDATE

聖徳太子が法隆寺で爪とぎ 偉人をネコ化した4コマ「ねこねこ日本史」、4月6日よりEテレでアニメ開始

卑弥呼に織田信長、あらゆる日本の偉人がネコに…‥!

[ねとらぼ]

 日本の歴史的偉人をネコとして描いた4コマ漫画「ねこねこ日本史」(作:そにしけんじ)のテレビアニメが、4月6日よりNHK Eテレでスタートします。放送時間は毎週水曜日6時45分〜6時54分(番組「Let's 天才てれびくん」内のアニメ枠)。

ねこねこ日本史 NHKアニメワールド「ねこねこ日本史

 「ねこねこ日本史」は2015年から実業之日本社のサイト「実日ブックス」で連載中。卑弥呼が呪術としてねこじゃらしで民衆をあやつったり、聖徳太子が法隆寺で爪とぎをしたり……と、日本の偉人を擬人化ならぬ“擬ネコ化”し、ネコあるあるを挟みながら歴史をゆるく紹介する作品です。既刊2巻で累計10万部を突破するなど人気を博しています。

ねこねこ日本史 「実日ブックス」で連載中の「ねこねこ日本史」

 アニメは、監督が映画「GAMBA ガンバと仲間たち」の河村友宏さん。毎回のナレーションを山寺宏一さん、主役を小林ゆうさんが務めます。山寺さんは「僕も猫を飼っている大の猫好きで、この番組は最初から最後まで全部猫!というところがたまりません。そして実は、昔から日本史がちょっと苦手なんですが、そんな僕にも可愛く楽しく歴史に触れさせてくれる、すばらしい番組です。今回ナレーションは解説するというより、見る人と一緒に楽しんだり突っ込んだりする役割」と番組についてコメントを寄せています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう