ニュース
» 2016年04月06日 07時00分 UPDATE

お酒を守るニャ フェリシモ猫部から猫さんラベルのどぶろく「猫守りどぶろく」登場!

長野県で作ったニャ。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 お酒の醸造元にとって原料を狙うネズミや鳥は悩みの種。その対策のために酒蔵では猫を飼う習慣があったそう。そんなお酒を守る猫さんを「猫守り(ねこもり)」と名付けてオリジナルラベルに描いた「猫守りどぶろく」が通販サイト・フェリシモの猫部から登場です。

猫守りどぶろく フェリシモ猫部 猫守りどぶろく

 どぶろくは、お米と糀(こうじ)、酵母だけで作る発酵飲料で、お米の固形部分が残り白く濁っているのが特徴。「猫守りどぶろく」は、長野県の酒蔵・仙醸が信州産のお米を使い、昔ながらの製法で作りました。アルコール分は6度、ほんのり甘い微炭酸ガスですっきりと飲みやすい仕上がりとのこと。

猫守りどぶろく 微炭酸で飲みやすいどぶろく

 ラベルは2種類。ピンクのラベルには春夏の醸造の様子、黒のラベルには秋冬の仕込みの様子が描かれています(中身は同じ)。酵母が生きていて香味が絶えず変化するため冷蔵保存が必要。賞味期限は製造日より90日間です。

猫守りどぶろく 春夏の醸造の様子を描いたピンクのラベル
猫守りどぶろく 秋冬の仕込みの様子を描いた黒のラベル

 「フェリシモ猫部 猫守りどぶろく」は、1本600ミリリットル×2本セットで価格は3650円(税別)。申込締め切りは5月5日、発送は5月下旬を予定しています。詳細や申込はフェリシモ猫部のサイトから。

猫守りどぶろく フェリシモ猫部 猫守りどぶろく 2本セット

(神奈川はな)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう