ニュース
» 2016年04月06日 13時00分 UPDATE

大槻ケンヂと声優ユニットがコラボ「大槻ケンヂとイヤホンズ」結成 スマホゲームのテーマソングを歌う

オーケン作詞の世界観で力強い楽曲となったとのこと。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 アニメ「それが声優!」から発足した声優ユニット「イヤホンズ」と、ロックバンド「筋肉少女帯」「特撮」の大槻ケンヂさんがユニット「大槻ケンヂとイヤホンズ」を結成。GameBankから今春配信予定のスマホ向けアクションRPG「BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-」のテーマソング「現象のブレイド」を歌い、4月20日から配信開始することが発表されました。

「大槻ケンヂ」と「イヤホンズ」がコラボした「大槻ケンヂとイヤホンズ」 「大槻ケンヂ」と「イヤホンズ」がコラボし「大槻ケンヂとイヤホンズ」に!

 「イヤホンズ」は声優の高橋李依さん、高野麻里佳さん、長久友紀さんの3人によるユニット。これまで3枚のシングルと1枚のアルバムを発売しています。「それが声優!」の原作者である浅野真澄さんが声優ユニット「Aice5」のメンバーであったことから、Aice5の妹分的なユニットとしてコラボライブや楽曲のカバーなども行っています。

 大槻さんは前述の「筋肉少女帯」「特撮」のボーカル・作詞家として知られ、これまで数多くのアーティストへの作詞提供やコラボを行っています。近年の代表的なものとしては、ユニット「大槻ケンヂと絶望少女達」として「さよなら絶望先生」シリーズのOPを歌ったことや、アニメ「うしおととら」の主題歌を担当したこと、作詞家として上坂すみれさんの「パララックス・ビュー」、監獄男子の「愛のプリズン」への詞の提供など。

大槻ケンヂとイヤホンズ 「BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-」テーマソング「現象のブレイド」は4月20日から配信開始

 「現象のブレイド」の作詞は大槻さんが担当。作曲・編曲は「特撮」や「COALTAR OF THE DEEPERS」で活躍するNARASAKIさんが制作しています。楽曲はゲームの世界観やストーリーになぞらえた力強い楽曲になっているとのこと。また、ジャケットを「でろでろ」「ゆうやみ特攻隊」「ハイスコアガール」などの漫画家・押切蓮介先生が描き下ろしました。

作:押切蓮介「現象のブレイド」ジャケット かわいくておどろおどろしい、押切先生らしいジャケット

 原作ゲーム「BLADE」は、2014年4月21日に韓国で配信開始されたスマホ向けアクションRPG。配信数日でApp StoreとGoogle Playの人気ランキング・売上ランキングともに1位を獲得。15年からは北米・台湾でも配信開始し、現在まで全世界で累計700万ダウンロードを突破している人気ゲームです。日本では「BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-」として16年4月20日から配信を予定しています。

 また、4月19日には同ゲームのリリース発表イベントも開催決定。テーマソングを歌う「大槻ケンヂとイヤホンズ」も登壇します。イベントには、公式Twitterにより抽選で50人が招待されます。ゲームやテーマソングの情報や、ここでしか聞けない情報も公開予定とのことなので是非お見逃しなく!


(C) GameBank Corp. / (C) 2016 4:33 Creative Lab.
Copyright (C) 2016 ACTIONSQUARE. ALL Rights Reserved.

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう