ニュース
» 2016年04月07日 21時30分 UPDATE

3秒のメッセージが具現化 声紋を3Dプリンターで指輪に成形するサービス「Encode Ring」

声紋の形状がそのまま指輪のデザインに。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 3Dモデル作成サービスのMikanと、3Dプリントサービスを運営するX人の株式会社が、指輪作成サービス「Encode Ring」を開始しました。録音したメッセージの声紋を、そのままデザインした指輪を購入できます。


サービスのイメージ 視覚化された声が、3Dでデザインされて指輪に

パッケージのイメージ 商品パッケージ

 利用者はスマートフォンの動画撮影機能で、最長3秒のメッセージを録音し、申し込みフォームから送信。運営側はメッセージの声紋を視覚化し、3Dモデルを作成して、産業用3Dプリンターで高精度の指輪を製造します。

 ラインアップは、真鍮をベースにペイント加工した「14k ゴールド」と「14k ピンク」、シルバーを加工した「プレミアムシルバー」の3種類。サイズは5〜9号で、価格は3万円(税別、送料別)。製品は申し込みから約1カ月で到着します。


ゴールドピンクシルバー 順に、14kゴールド、14kピンク、プレミアムシルバー

 サービスのコンセプトは「メッセージをカタチにする」こと。言葉を指輪として「Encode(符号化)」して、相手に届けるというわけです。Decode(復号)の手段までは用意されていないので、相手に渡す際には、肉声でのフォローを。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう