ニュース
» 2016年04月11日 14時19分 UPDATE

野生のトラの個体数が100年ぶりに増加 WWFが保護活動の成果を発表

2010年では3200頭だった個体数が3890頭に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 WWF(世界自然保護基金)が4月10日、野生のトラの個体数が100年ぶりに増加したことを発表しました。


公式発表 WWF公式サイトによる発表

 トラは密猟と自然破壊が元で、1910年から2010年の間に97%が減少し、既に3亜種が絶滅。2010年の時点では3200頭を数えるのみでしたが、直近のデータでは3890頭が観測されたとのこと。


虎の現況 WWFジャパン公式サイトが伝える、2010年におけるトラの状況

 WWFではこの増加分を、インド、ロシア、ネパールなど、トラを保護している地域のものと分析。WWFの上席副社長、Ginette Hemleyさんはこの成果について、「世界で最も絶滅の危機に瀕している種の、回復における重要なステップだ」とコメントしています。

 WWFは2022年までにトラの個体数を倍増することを目標に、保護活動を進めています。今後焦点となるのは、密猟と森林伐採が激しい東南アジアになるとして、政府や法執行機関、地元のコミュニティと連携し、最新技術を用いてトラの保護を強化するそうです。


(沓澤真二)


関連キーワード

WWF | 自然保護 | 動物


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう