ニュース
» 2016年04月14日 13時09分 UPDATE

タコが自力で水族館から脱走 ニュージーランドの海に帰る

脱出王現る。

[ねとらぼ]

 ニュージーランド北島のネーピアにある国立水族館で飼育されていたタコが、自力で水槽から脱出して海へ帰った。

タコ脱走 大脱走に成功したインキーさん(飼育時のもの)

 脱出に成功したのはオスのタコの「インキー」。地元メディアによると水槽上部に隙間があることを見抜いたインキーが誰もいないのを見計らい脱出。床を伝って海へとつながる直径15センチほどの配水管を通って逃げたという。

タコ脱走 水族館は逃げた経路をFacebookで解説。フーディーニ(脱出王)現るとノリノリ

 タコは頭がよく好奇心も旺盛。2015年にはシアトルの水族館でタコが水槽上部から脱走しようとしている姿をとらえた動画が話題になった。このときは飼育員の手により未遂に終わっている。

タコ脱走 脱走未遂の様子は動画で収められている

 国立水族館のロブ・ヤレル館長は、「タコは頭が良く好奇心旺盛」とのことで、飼育されているうちにいろいろ学んだのだろうと推測している。なお、脱出したタコの捜索は行わない方針と発表している。現在はほかのタコが逃げないか監視を強めているらしい。

タコ脱走 水槽上部に隙間があった

タコ脱走 吸盤をうまく利用したと思われる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう