ニュース
» 2016年04月14日 18時44分 UPDATE

JR九州、新たな観光列車「かわせみ やませみ」のデザイン公開 球磨川を飛び回る野鳥をイメージ

デザインと物語を意識した列車「D&S列車」シリーズとして運行。

[ねとらぼ]

 JR九州は4月13日、2017年春から鹿児島本線・肥薩線で運行する新しい観光列車の名前とデザインを発表しました。名前は「かわせみ やませみ」。熊本県の渓流・球磨川の自然を楽しめる列車ということで、球磨川を飛び回る野鳥のカワセミとヤマセミをイメージしたそうです。

カワセミ ヤマセミ 「かわせみ やませみ」のデザイン

 青の車両と緑の車両がつながった気動車2両編成で、ヘッドマークや車体の側面にカワセミの絵が描かれたデザイン。肥薩線の山間を走る観光列車「いさぶろう・しんぺい」が通称“山線”であるのに対し、球磨川に寄り添う「かわせみ やませみ」は“川線”と呼ぶにふさわしいデザインを目指しました。

カワセミ ヤマセミ 豪華スイーツ列車「或る列車」など、JR九州の「D&S列車」シリーズとして運行

 「或る列車」「いさぶろう・しんぺい」など、沿線の風土や車窓の風景を車両デザインや仕掛けとともに楽しむ「D&S(デザイン&ストーリー)列車」シリーズの1つとして運行。定員は70人程度で、テーブルのついた座席などを配置します。運行区間は鹿児島本線・肥薩線の熊本〜八代〜人吉駅間、毎日1日3往復ほど運行する予定です(運転時刻や停車駅については調整中)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう