ニュース
» 2016年04月14日 19時00分 UPDATE

ドライバーの脳波を分析して運転感覚を路面に投映 特製「日産リーフ」の未来感がすごい

モータースポーツ漫画を具現化できそう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 電気自動車「日産リーフ」は、今年で販売開始5周年。日産自動車はこれを記念して、ドライバーの脳波を言語化し路面に投映しながら走る特製車両を製作。走行の様子を伝える、未来感あふれるスペシャルムービーを公開しています。


フキダシ 測定されたドライバーの脳波が、漫画のフキダシの形に変換されて投映

車両 特製の日産リーフ。ボディ全面にセリフや擬音がペインティングされている

 特製車両は、ヘッドセットを装着したドライバーの脳波を測定し、車載の解析アプリでドライバーの興奮度や気持ちよさを判定。その結果から全33パターンの言語データを選択します。選ばれたデータはセリフとして、後部座席に搭載されたプロジェクターから路面へ投映されます。


ヘッドセット ドライバーはヘアバンドのような測定器を装着

解析 ドライバーの脳波をリアルタイムに測定し分析

投映 分析結果が33パターンのいずれかに当てはめられ、フキダシの形で路面に投映される

S字 S字クランクをうまく走れたときは「スイスーイ」

縦列駐車 縦列駐車に失敗したときは「やば!!!!!!」。ドンマイ

 試験走行では男女30人の被験者が、縦列駐車やS字クランクなど、さまざまなシーンで運転。ドライバーからα波が出た状態を「心地の良い状態」、β波が出た状態を「エキサイティングな状態」と定義して、被験者の脳波を測定しました。その結果、発進時において2人に1人以上の割合でβ波が、コーナリング時において9割以上の人からα波が観測。運転時の心地良さと興奮度を確認できたそうです。

 この企画は日産リーフの運転の楽しさを、ドライバーだけでなく周囲にも伝えたいという思いからスタートしたそうです。用いられた特製車両は4月29日から5月中旬にかけて、日産グローバル本社ギャラリーで展示されます。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう