ニュース
» 2016年04月15日 17時51分 UPDATE

ここまでできるのか! グルーガンで作った小道具のクオリティが高すぎると話題に

無限の可能性。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 樹脂を溶かして接着するツール「グルーガン」で撮影用の小道具を作った人が現れ、そのできばえに驚きの声が上がっています。


グルーガン もはや人力3Dプリンターと言っていいレベル

 製作したのは造形カメラマンのshir0xxxさん。撮影用に王冠などの小道具を、グルーガン1つで作ってしまったというのだから驚きです。クッキングシートの上に溶かした樹脂でパーツを描いて組み立てると、はがしやすく立体的に組み立てやすいとのこと。それにしても、すごい使いこなしっぷりです。


グルーガン 頭に載せている王冠は、グルーガンで製作したもの

グルーガン このようにクッキングシートの上で描いてから組み立てるとやりやすいようです

グルーガン 市販のガスマスクをベースに、グルーガンで模様をつけています。模様が細かい!

 リンゴが王冠をかぶったような小道具は、着色したリンゴにそのまま黒いグルーガンを垂らして製作したとのこと。急がず焦らず模様の1本1本をじっくり作るのがコツのようです。まるで寓話の中に出てきそうな幻想的な仕上がりになっています。


グルーガン まるで“白雪姫”に出てきそうなリンゴだって作れちゃいます

グルーガン 製作過程はこのようになっています

グルーガン

グルーガン 捕らわれのダンボーがかわいい

 「グルーガンの無限の可能性は! みなさんのすぐそばにありますぞ!」とツイートしているshir0xxxさん。グルーガンは100円ショップなどに置いてあるので、やってみたい方はぜひ。

画像提供:shir0xxxさん

(大里ミチル)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう