ニュース
» 2016年04月15日 22時30分 UPDATE

水中撮影できる小さな潜水艦型「サブマリナーカメラ」登場 リモコンで泳がせて魚目線で撮影できるぞ

魚をおびき寄せる「エサ入れアーム」も付属。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 水中撮影ができるカメラ付き小型潜水艦「サブマリナーカメラ」を4月28日にバンダイとが発売します。本体前面に搭載したカメラで魚目線の動画や静止画が撮影可能です。値段は1万778円(税込)。


サブマリナーカメラ 赤外線リモコン式です

 「サブマリナーカメラ」は潜水艦のような姿をしており、写真・動画撮影のボタンがついた赤外線コントローラーで潜行・浮上・前後進・左右回転などのアクションを行いながら水中撮影できます。記録メディアは不要で、動画などは本体内蔵のメモリ(256MB)に保存。付属のUSBケーブルでPCに接続してデータを転送する形になっています。

 


サブマリナーカメラ こうやって潜水します

 その他、潜行浮上レバーやWスクリューによりその場で方向転換や細かい調整なども可能。狭い場所での潜行が可能なほか、あらかじめ付属の「エサ入れアーム」にエサを入れておくことで、魚をおびき寄せて間近で撮影できるなどのユニークな仕掛けも。カメラの両脇には潜水艦さながらのヘッドライトもついており、さまざまな撮影が楽しめそうです。


サブマリナーカメラ エサ入れアームを付けてから潜水させることで、このようにおびき寄せることも


サブマリナーカメラ こんな感じに撮れます

(大里ミチル)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう