ニュース
» 2016年04月16日 09時00分 UPDATE

納豆×春のフルーツ 斬新な組み合わせが話題の「ベリーベリー納豆」、担当者に開発経緯を聞く

納豆とベリー系の果物というまさかのカップリング……なぜこんな商品を?

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 納豆にイチゴなどを使ったベリーソースを混ぜて食べる新商品「ベリーベリー納豆」が、その意外な組み合わせからTwitterで話題になっている。なぜ納豆とベリーをカップリングしてしまったのか――企画開発したイオンリテールの担当者に、開発経緯など詳細を聞いた。

ベリーベリー納豆 Twitterのベリーベリー納豆検索結果

 「ベリーベリー納豆」は、「おかめ納豆」のタカノフーズとイオンリテールが共同で企画開発。4月12日に期間限定商品として本州・四国・九州のイオンやマックスバリュなどで発売された。ストロベリー・ブルーベリー・クランベリー3つの果汁を使った「ベリー風味たれ」を小粒納豆に混ぜて食べる。あるTwitterユーザーが商品の写真を「ベリーベリーの後にあってはならない文字が書いてある」と投稿したところ、3日で2万回以上リツイートされ注目を集めた。

 パッケージに「パンに合わせる新感覚」というコピーが書かれてある通り、実はご飯ではなくパンと一緒に食べる納豆として企画された。「食の洋風化と季節に合わせて開発しました」と担当者は語る。

 「納豆といえばご飯ですけど、日本の朝食にパンが出てくる割合は非常に高いです。パンに合うフレーバーは何かと考えた結果、春の旬の果物というのもあって、3種のベリーの果汁を使うことにしました。パン派の方にも納豆を食べてもらうきっかけになってくれればうれしいです」(担当者)


 Twitterではパンに塗って食べてみたという人から「単体で食べるよりベリー感が強く出ておいしい!」「ほんのりベリーの香りがします。普通においしい」と評判の声もあれば、「パッケージほどベリーの主張なかった」「物足りない。ベリーの果肉とか粒々入ってるとかだったらな〜」とベリー感がもっと欲しいという声も。ベリー風味たれが納豆の味を劇的に変えることはないようだ。

 価格は1パック3個入りで98円。販売期間・個数は明確に設定していないとのことだが、味を確かめたい人はベリーの季節のうちにお早めに。

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう