ニュース
» 2016年04月17日 13時10分 UPDATE

銀座熊本館に復興願い支援の列 来客は平常時の2倍以上 一時は入店制限も

少しでも支援になればと来店者がぞくぞく。

[ねとらぼ]

 熊本県で最大震度7を観測する強い地震が発生したことを受け、東京・銀座にあるアンテナショップ「銀座熊本館」には、被災地復興を願う人たちが次々と足を運んでいます。




画像

画像

画像



 地震対応のため4月15日には臨時休業となっていましたが、翌16日には平常通り営業したところ、少しでも支援になればと店を訪れる人で賑わいました。銀座熊本館によると、通常の土日は1日あたり1200人〜1300人が来店するそうですが、この日の来客はいつもの2倍以上。「いつもひいきにしてくださっている人のほか、熊本の情報を見て応援したいと言って来てくれた人も大勢いらっしゃいました」(銀座熊本館)









 16日には混乱を防ぐため、一時入店制限も。店内の在庫についてはまだ2〜3日分はストックがあるそうですが、本日(17日)も多くの来店が予想されるため、予想より早くなくなる可能性もあるとのこと。また店内では現金による義援金受付も行っています。



関連キーワード

地震 | Facebook | 銀座 | 災害 | くまモン | 支援 | 寄付・募金


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう