ニュース
» 2016年04月17日 15時12分 UPDATE

愛媛新聞、見出しに込めた“ガンバレ熊本”の隠しメッセージ 「やるじゃん」「うるっときた」とネットで称賛

見出しの強調文字をつないでいくと……。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 4月14日に熊本県を襲った大地震。被災地では3日経った今も余震が続いていますが、愛媛新聞は4月17日、スポーツ欄に「ガンバレ熊本」の隠しメッセージを込め、熊本に向けてエールを送りました。


画像 黒枠で強調された文字をつないでいくと……(画像提供:愛媛新聞

画像 「ガンバレ熊本」に(画像提供:愛媛新聞

 「大久保2得点」「浦和後半大あバレ」「大宮、甲府決め手欠」「たも斎藤弾」「鹿島攻守に領」――。一見地震とは関係ない見出しが並んでいますが、強調された文字をつなぎあわせていくと「ガンバレ熊本」のメッセージが現れるというもの。粋なはからいにTwitterでは「やるじゃん愛媛新聞」「うるっときた」など、称賛・感動の声が相次いで寄せられました。





 愛媛新聞によると、この見出しを考えたのは40代の男性記者とのこと。どのような意図で行ったのか尋ねたところ、次のようにコメントをいただきました。

熊本県では相次ぐ地震で深刻な被害を受けています。熊本出身のJリーグの選手は故郷を思い、目頭を押さえインタビューに答えていました。担当記者は不安な気持ちを抱える熊本の方々に思いを馳せ、新聞紙面を通じて何かできないかと考え、見出しにメッセージを込めました。(愛媛新聞 編集局)


 本来、スポーツ欄は地震の情報を扱うところではありません。それでも何か自分たちにできることはないだろうか――そんな愛媛新聞の思いが、紙面を通じてこちらにも伝わってくるようです。


関連キーワード

新聞 | 地震 | 災害


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう