ニュース
» 2016年04月17日 22時01分 UPDATE

オビ=ワンはダース・ベイダーとの戦いに生き残るはずだった? チューバッカ役の俳優がオリジナル脚本を公開

膨らむ妄想が止まらない。

[Glycine,ねとらぼ]

 オビ=ワンはダース・ベイダーとの戦いで生き残るはずだった! チューバッカを演じた俳優ピーター・メイヒューさんは、1977年公開の「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の、修正前のオリジナル脚本の画像をTwitterで公開しました。


チューバッカ チューバッカを演じたPeter Mayhewさん(画像はPeter MayhewさんのTwitterより)

 ピーターさんは「オビ=ワンはベイダーとの戦いに生き残るはずだった」との文章とともに、少し黄ばんだ脚本のページを3枚公開しています。



 それによると、オリジナル脚本では、オビ=ワン・ケノービは彼の元弟子、ダース・ベイダーの手にかかって死ぬことにはなっていなかったそう。「老人よ、おまえの力は弱い」とベイダーに圧倒されながらも、オビ=ワンはベイダーのライトセーバーの打突を防ぎ、最終的にはベイダーの罠から逃れることになっていたようです。「ベン(オビ=ワン)は打撃から逃れることに成功する」と、スクリプトのページに見られます。


脚本 修正前のオリジナル脚本の画像(画像はPeter MayhewさんのTwitterより)

 その後ベイダーとの戦いをしのいだオビ=ワンは、ストーム・トルーパーたちをなぎ倒し、ミレニアム・ファルコンに向かってひた走り、ルークや仲間たちの助けを得てファルコンに搭乗、デス・スターから宇宙へと逃れる、というシナリオになっています。


ライトセーバーの戦い オビ=ワンとベイダーの戦い(画像はStar Wars公式サイトの動画「VADER VS. KENOBI」より)

 このシナリオが映画の最終版となっていたなら、シリーズ自体、まったく異なる展開となったことでしょう。もしもオビ=ワンが生き残っていたなら、その後のルークは? ベイダーの運命は? 日の目を見ることのなかったオリジナル脚本から想像を膨らませてみるのも、「スター・ウォーズ」の楽しみ方としてアリかもしれません。


関連キーワード

スター・ウォーズ | Twitter | 俳優 | シナリオ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー