ニュース
» 2016年04月18日 12時32分 UPDATE

ヤマト運輸のなりすまし 熊本地震の支援物資を呼びかける

現在も熊本県では集荷と配達ができない状況。

[ねとらぼ]

 熊本地震に伴い、熊本県と宮崎県の一部地域に向けたすべての荷物の集配を一時的に中止していたヤマト運輸が、一部で荷受けを再開している。ただ、道路が寸断されるなどの混乱が続いているため熊本県向けの荷物の荷受けおよび、熊本県全域での集荷と店頭での荷受けについては引き続き中止しているのが現状だ。そんな中、Twitterではヤマト運輸アカウントのなりすましが現われ、支援物資輸送協力隊を結成したので支援物資の輸送の依頼を呼びかけている。

ヤマト運輸なりすまし 問題となったなりすましツイート

 ヤマト運輸の広報によると、「公式アカウントではない」とのこと。現状、熊本県内への支援物資の輸送について個別には受け付けられない状態だ。「慎重に対応を検討している」という。

 なりすましアカウントには「ただいまヤマト運輸株式会社では、九州地方を中心とする震災発生に伴い支援物資輸送協力隊を結成いたしました。支援物資の輸送等の依頼は当アカウントのDM投稿から並びに不明な点の質問にもお答えしております」とあり、多くのリツイートがされていた。

ヤマト運輸なりすまし 現在、熊本県内への荷物の受付および県内全域での集荷と店頭での荷受けは中止

 なお、佐川急便でも地震の影響で熊本県内の大部分で集荷・配達ができない状況が続いているほか、日本郵便でも局舎建物が被災するなどの影響で、熊本市や阿蘇郡南阿蘇村、益城町などの窓口業務を休止している。熊本県全域以外の九州地方を発着する荷物についても一部地域で遅れが生じている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー