ニュース
» 2016年04月18日 13時50分 UPDATE

「ポケモン」ハリウッドで実写映画化のウワサ 期待とともに不安視する声も

ワーナー・ブラザーズ、レジェンダリー・ピクチャーズ、ソニーが映画化権の獲得を争っているらしい?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ハリウッドで「ポケモン」の実写映画化権をめぐる争奪戦が繰り広げられていると、アメリカのハリウッド業界誌「THR(THE Hollywood REPORTER)」が報じました。


THR THRが報じた記事

 争奪戦に名乗りを挙げているのは、既にアメリカにおける「ポケモン」劇場版の配給権を得ているワーナー・ブラザーズ。そして「パシフィック・リム」や「ダークナイト」で知られるレジェンダリー・ピクチャーズ。また、ソニーも食指を動かしているとのこと。映画化権の獲得は入札で決定。レジェンダリー・ピクチャーズの勝利が有力視されていると、THRは報じています。

 このウワサ話は日本でも話題になっており、Twitterでは「実写化は勘弁してほしい」「キモいピカチュウが登場しそう」など、「残念な実写化」を懸念する声が上がっています。

 実写映像を伴う「ポケモン」のプロモーションがなされたことは、過去に何度かあります(関連記事)。「このクオリティで実写化されるのであれば観たい」と、うわさを好意的にとらえるファンも少なくないようです。


ボルケニオン こちらはウワサ話でない、7月16日公開の「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー