ニュース
» 2016年04月18日 17時53分 UPDATE

「嵐」のコンサートと重なった「長野びんずる」、日程変更の要望もあったが予定通り8月6日に開催決定

相乗効果で盛り上がってほしい。

[ねとらぼ]

 長野市の夏祭り「長野びんずる」が市内で予定されている「嵐」のコンサートと日程が重なったことで、交通面で不安があるとして県タクシー協会長野支部など3団体が祭りの日程変更を要望していた問題で4月18日、同祭りの実行委員会は変更せずに8月6日に開催することを総会で決定した。

長野びんずる 公式サイトより

 お祭りは例年8月の第1土曜日の開催を予定しており、長野市北長池のエムウェーブで開催される嵐のコンサートの初日と重なることになった。「嵐」のコンサートといえば昨年、宮城県で実施された際に宿泊施設の予約が殺到し、学会やヨットレースが延期や中止に。今回も日程が発表されるや宿泊施設はほぼ満員状態だという。

 「びんずる」とは、長野市の善光寺にまつられている「おびんずるさん」にちなんだ名称。「おびんずるさん」にさわることで病気やけががよくなるという言い伝えもある。別名を「長野市民祭」と呼ばれる市民参加型のお祭りで、「連」と呼ばれるグループがしゃもじを打ち鳴らし創作ダンスやパフォーマンスを披露する。前回は約20万人を動員したお祭りだけに、2万人規模のコンサートとのバッティングは、交通規制もあることから交通関係者から混乱を招くのではないかと不安視する声があがっていた。信濃毎日新聞の記事によると、同支部の要望で非公開で懇談していたという。

 担当者によると総会では、交通関係者を交えて話し合いが行われ、当初の予定どおり8月6日での開催が決定した。嵐のコンサートとの同日開催についても関係各所と連携して混雑など対応にあたることになる。

長野びんずる コンサートをきっかけにお祭りに参加するという流れも期待できそう(写真:長野びんずる公式サイトより)

関連キーワード

祭り | コンサート


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう