ニュース
» 2016年04月19日 08時00分 UPDATE

伝説の名機「コモドール64」を最新技術で再現 「The 64」が商品化に向けてクラウドファンディング開始

HDMIやUSB端子を搭載するほか、ハンドヘルド版も用意

[沓澤真二,ねとらぼ]

 1982年に発売され、単一機種では世界最高セールスを記録したホームコンピュータ「コモドール64」。この伝説の名機を再現したゲーム機「The 64」が開発されました。商品化に向けて、「Indiegogo」でのクラウドファンディングが始まっています。


コンセプト モデリングによるデザインコンセプト

indiegogo Indiegogoでの出資募集


 「The 64」は「コモドール64」に最新技術を加えた、いわば「現代版」。デザインはオリジナルに忠実ですが、大幅な小型化を実現しています。またUSBポートとSDメモリーカードスロットの追加により、現代の周辺機器に対応。ゲームはエミュレーター用ROMイメージを読み込んで起動できます。もちろん、オリジナルの専用ROMカセットも使用可能。映像・音声出力にはHDMIを採用。古典的なテレビで使用するために、コンポジット出力の搭載も検討しているそうです。


比較 「The 64」(左)と「コモドール64」(右)の比較図(画像はIndiegogoより)

端子一覧 端子一覧(画像はIndiegogoより)

 「コモドール64」の意匠を取り入れたハンドヘルド版「The 64SX」も同時開発。携帯ゲーム機のように取り扱えます。


ハンドヘルド版 ハンドヘルド版の「The 64SX」。「ハンドヘルド」とは本来「片手で持てる」の意で、かつて現代で言う「モバイル」と同義で使われていた言葉(画像はIndiegogoより)

 開発チームは、Wiiのバーチャルコンソールへの「コモドール64」ソフト提供に関与していたそうです(日本と韓国を除く)。「The 64」は適切なライセンスの下に開発しており、製品にはレトロゲームや新作をバンドルして出荷するとのこと。



 クラウドファンディングの目標額は、15万ドル(約1620万円)。「The 64」は150ドル(約1万6000円)、「The 64SX」は170ドル(約1万8000円)の出資で入手可能で、日本への発送もできるそうです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう