ニュース
» 2016年04月20日 12時49分 UPDATE

「ハリー・ポッター」最新作の日本語版が11月発売予定 ロンドンで行われる舞台を書籍化

「ハリー・ポッターと死の秘宝」から19年後の物語。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 「ハリー・ポッター」シリーズの最新作となる「ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部」(仮題)の日本語版が、11月に静山社から発売予定であることが発表されました。

 原作者J.K.ローリング氏が書き下ろしたストーリーをもとに、「ハリー・ポッターと死の秘宝」の19年後を描いた舞台劇を書籍化したもの。価格は1800円(税別)。予約受付は8月中旬に開始する予定です。


ハリー・ポッター 8年ぶり、8作目となる新作です

 公演は7月30日からロンドンで行われるのですが、発表されたのはそのリハーサル上演の脚本を書籍化したもので「特別リハーサル版」とされています。時期は未定ですが、リハーサル後の修正やJ.K.ローリング氏による加筆が行われた「愛蔵版」も登場する予定。

 「ハリー・ポッター」シリーズの続編にあたり、父親になったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法魔術学校へと入学させたあとの物語を描いています。過去の問題に取り組むハリーと、「ポッター一家の伝説」の重圧と戦う次男アルバスが、ストーリーの中心となっています。


Harry Potter and the Cursed Child 舞台「Harry Potter and the Cursed Child」公式サイト

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう