ニュース
» 2016年04月20日 16時08分 UPDATE

「もやしもん」石川雅之、体調不良で「惑わない星」の連載を中断 「原稿あまり見えてない」

2年ほど前にめまいを発症、眼精疲労による視野狭窄も。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 「もやしもん」「純潔のマリア」などの作品で知られる漫画家の石川雅之さんが、療養中であること、また、それによりモーニング・ツー掲載の惑星擬人化マンガ「惑わない星」の連載を中断していることを明かしました。


 石川さんは4月20日、「わたくしはこのざま」というつぶやきとともに、水星を擬人化した女性キャラクターと「療養中につき『惑わない星』は連載中断中です もうちょっとお待ち下さい」というメッセージをツイート。

 石川さんは3月26日のブログで病状を告白しており、それによると、2年ほど前に突然めまいを起こし、その症状はいまだに続いているとのこと。さらに、眼精疲労のため、原稿に集中するときにだけ視野が狭まるようになり、原稿もあまり見えていなかったそうです。石川さんはブログで自らの症状をこう説明しています。

まあぶっちゃけ純潔のマリアexのあたりから原稿はあまり見えていませんでしたが、惑わない星になってからは一番細い丸ペンはほぼ勘w 本当はマリア終わってから1年は回復に使うはずだったんですが惑わない星の連載開始が早まったためにこの段階であっさりとガタが来てしまいました。

 石川さんはその後のツイートで、「深夜なのにたくさんお見舞いのお言葉ありがとうございます。あした編集長や担当さんと今後のこと話して、あさってドックに入渠してきますぜ。もう原因不明とは言わせない」と、治療に専念する決意を表明しています。

 療養に入る石川さんに対しTwitterでは、「ここぞとばかり、休んじゃって下さい!」「大丈夫、絶対に待てるから。私たち、そういうトコ耐性があるから」「他にも休みながら連載続けてる漫画家さんいっぱいいらっしゃいますから無理はなさらずに…!」「再開までゆっくりお待ちしておりますので」「体調を崩して漫画家人生が終ってしまうくらいなら、1年以上休んだっていいんじゃないか」などの言葉が贈られています。


関連キーワード

漫画 | 健康 | Twitter | 漫画家 | 擬人化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう