ニュース
» 2016年04月20日 17時21分 UPDATE

三菱自動車、燃費試験で不正認める 「eKワゴン」「eKスペース」など60万台以上が該当

実際よりも燃費をよく見せていたことが発覚しました。

[ねとらぼ]

 三菱自動車工業の相川哲郎社長は4月20日、燃費試験で不正行為があったことについて会見を行い、「お客様はじめ、すべてのステークホルダーの皆さまに深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」と謝罪しました。


画像 三菱自動車工業・相川哲郎社長(ニコニコ生放送の会見映像より)

 該当車種は、2013年6月から同社で生産している「eKワゴン」「eKスペース」と、日産自動車向けに供給している「デイズ」「デイズルークス」の計4車種。型式認証取得の際、国土交通省へ燃費試験データを提出するにあたり、通常より有利な走行抵抗値を使用し、実際よりも燃費をよく見せていたとのことです。


画像 eKスペース」公式サイト

 これまでに計15万7000台を販売、日産自動車向けには計46万8千台を生産(2016年3月末時点)。該当車種については生産・販売を停止し、すでに購入した人への補償についても今後協議していくとのこと。

 また、その他の国内市場向け車両についても、国内法規で定められたものとは異なる試験方法がとられていたことが判明。今後は外部の調査委員会を設け、調査結果がまとまり次第公表するとしています。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう