ニュース
» 2016年04月20日 18時30分 UPDATE

井山裕太六冠が十段戦に勝利し囲碁界初の七冠を達成 26歳での快挙

七大タイトルの独占は囲碁界史上初の快挙。

[たろちん,ねとらぼ]

 囲碁の井山裕太六冠が20日、第54期十段戦5番勝負の第4局で伊田篤史十段に勝利。対戦成績を3勝1敗として十段を奪取し、囲碁界史上初となる七大タイトル独占を達成しました。

囲碁七冠 日本棋院公式サイトでも歴史的快挙を祝福

囲碁七冠 終局後の井山七冠

 2勝1敗で迎えた第4局、挑戦者の井山六冠は伊田十段に163手で黒番中押し勝ち。既に保持している棋聖、名人、本因坊、王座、天元、碁聖に十段を加えて全てのタイトルを独占することになりました。

囲碁七冠 日本棋院のタイトル戦一覧が全て井山七冠に(日本棋院公式サイトより)

 将棋では20年前の1996年に、25歳の羽生善治名人が史上初の七冠を達成。井山七冠も26歳という若さで囲碁界に偉大な記録を打ち立てました。

たろちん

関連キーワード

囲碁 | 達成


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう