ニュース
» 2016年04月20日 21時00分 UPDATE

OSがすぐ目の前に! 「Magic Leap」がデモ映像で提示する未来がマジで革命的

まるで「機動戦艦ナデシコ」みたい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 独自のモバイルウェアラブルシステムを開発している新興企業「Magic Leap」(関連記事)が、最新デモ映像「A New Morning」を公開。同社が標榜する「モバイルコンピューティング、拡張現実、仮想現実を超越した革命」の一例を提示しています。

 映像は主観視点で展開。部屋の風景上に、直接OSの情報が広がります。天気予報もメールも、3Dでマルチに表示。ほかにも、商品が手に取れるかのように表示されるネットショッピングや、空中に浮かぶアクアリウム映像が表現されています。


OS起動 起動したOSが眼前に「フォンッ」

天気1天気2 天気情報アプリを起動。数日間の天気の動向を、立体的なグラフで確認しています

メール1メール2 OSは通知がメインのもよう。娘から「私のプロジェクトをチェックしてほしい」とのメッセージが

添付ファイル 添付ファイルを開くと、エベレストの登頂記録に関するレポートが3Dで表示。過去のニュースを聞ける付随情報も

ショッピング 今度はショッピングサイトから、ウィッシュリストに登録した靴が入荷したとの通知。目の前で商品を3Dモデルで確認・購入

クラゲ 最後にクラゲが宙を漂う、癒やしの映像が

 なんとこの映像、特殊効果も合成もまったく用いていないとのこと(下部のキャプションを除く)。舞台となっている部屋もCGではなく、同社の本部だそうです。事業の詳細は非公開とされており、このシステムがどのような形で実現されるかは不明ですが、近い将来に訪れるかもしれない「未来の朝」にワクワクさせられます。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう