ニュース
» 2016年04月21日 18時34分 UPDATE

「カゲロウプロジェクト」の“MX4D”向け新作アニメ、2016年初冬公開へ 監督は23歳の若きクリエイター・しづ

タイトルは「カゲロウデイズ-in a days-」。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 作曲家・小説家などマルチに活躍する“じん”(自然の敵P)さんによる「カゲロウプロジェクト」が、「MX4D」向け新作アニメの制作を発表しました。“体験型4Dショートムービー”としており、タイトルは「カゲロウデイズ-in a days-」。

MX4D「カゲロウデイズ-in a days-」 体験型4Dショートムービー「カゲロウデイズ-in a days-」

 「カゲロウプロジェクト」は、不思議な「目」にまつわる能力を持つ「メカクシ団」のメンバーが、さまざまな事件の謎を解いていく群像劇。音楽・小説・漫画・アニメなど、メディアごとに異なるストーリーを描きながら一つの大きな物語を展開しています。

 これまでに関連動画の総再生数は1億回を超え、シリーズの関連書籍は累計800万部、音楽パッケージは累計70万枚を突破するなど、若年層を中心に強い支持を得ています。8月29日には、小説「カゲロウデイズ」最新第7巻が発売予定。

メカクシ団作戦本部 カゲロウプロジェクト オフィシャルサイト「メカクシ団作戦本部」(画像はメカクシ団作戦本部より)

 「MX4D」とは、アメリカのMediaMation社が開発したシアターシステムのことで、日本では韓国が開発した「4DX」の後発として普及し、映像に合わせてシートが振動したりミストが吹き出したりと、映画を体感するさまざまな機能が搭載されています。これまでにも、劇場アニメがMX4Dで上映されることはありましたが、最初からMX4Dでの上映を想定して制作されるアニメは今回が日本初とのこと。

 また、「カゲプロ」のキャラクターデザインやMVの映像を制作してきた23歳の若きクリエイター“しづ”さんが、初めてアニメ監督に挑むことも明らかに。「カゲロウデイズ-in a days-」は全国TOHOシネマズMX4Dシアターにて、2016年初冬より公開予定です。

「MX4D」 体感型シアターシステム「MX4D」(画像はTOHOシネマズより)

(C) KAGEROU PROJECT / 1st PLACE
(C) じん / 1st PLACE・カゲロウデイズ -in a days- 製作委員会



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう