ニュース
» 2016年04月23日 13時00分 UPDATE

1つも乗れねぇ! うろ覚えで描いてもらった自転車を実際に作るプロジェクトでかっこいいガラクタが量産される

現代アート感。(※追記あり)

[コンタケ,ねとらぼ]

 実物を見ずうろ覚えで自転車の絵を描いてもらい、「実際にその自転車を作ったら」を忠実に描く、イタリア人デザイナージャンルカ・ジミニ(Gianluca Gimini)氏のプロジェクト「Velocipedia」が面白いと話題です。言われてみれば正確な構造を思い出すのが難しい自転車ですが、想像を絶する前衛的デザインの宝石箱となっていました。




うろ覚え どう見ても破綻した構造のうろ覚え自転車


実現 忠実に実現

 チェーンが両輪にかかっていたり、サドルが後輪の真上に付いていたりと、絶対に進めない・乗れない構造のオンパレード。しかしデザインだけはしっかりと作られているため、無駄にかっこいいのがシュールです。かっこいいガラクタ。

 できれば実際に乗ったところが見てみたいのですが、けが人の続出は不可避。このままアートとして、そっとしておくのが良いのかもしれません。

 集めた「うろ覚え自転車」の数は、376デザイン。全7カ国で、3歳〜88歳の男女に描いてもらいました。正しい自転車を描けた人は少なく、ほとんどは何かしらおかしな部分があったそうです。また、絵に男女差があり、女性はチェーン部分の間違いが多く、男性は過剰に複雑に描く傾向があったとのこと。

 プロジェクトが公開されているBehanceでは、いろんな部分が狂った「うろ覚え自転車」と実際に作成したらどうなるかというデザインが多数公開されていますので、ぜひご覧ください。

4月23日16時追記

 初出時「実際に作成した」と表記しましたが、3DCGレンダリングで描いたものでした。お詫びして訂正いたします。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー