ニュース
» 2016年04月25日 15時09分 UPDATE

東京五輪のエンブレム決定 A案「組市松紋」に

1万5000件近くの応募から選ばれた。

[ねとらぼ]

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は4月25日、五輪エンブレムの最終候補4作品から市松模様と藍色を使ったA案「組市松紋」に決定したと発表した。

組市松紋 組市松紋

 「組市松紋」は形の異なる3種類の四角形を組み合わせて、国や文化・思想などの違いを表現。「違いはあってもそれらを超えてつながり合うデザインに、『多様性と調和』のメッセージを込め、オリンピック・パラリンピックが多様性を認め合い、つながる世界を目指す場であることを表した」という。作者はデザイナーの野老朝雄(ところあさお)さん。

 エンブレム案は1万5000件近くの応募があり、8日に最終候補4作品が発表された。ネットとはがきでの意見募集を行い、それを参考に最終審査を行い決定した。

最終候補 最終候補4作品

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう