ニュース
» 2016年04月25日 18時12分 UPDATE

多摩動物公園でユキヒョウの「コボ」公開! カナダ生まれ、フサフサしっぽの2歳のオス

早く仲良くなれるといいね。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 多摩動物公園は4月25日から、カナダ生まれのユキヒョウ「コボ(KOVO)」の公開を開始しました。

画像 ユキヒョウ「コボ」 カメラが気になるの?

 コボは2013年6月29日にカナダのアシニボイン動物園(Assiniboine Park Zoo)で生まれたオスで、現在2歳9か月。昨年12月の来園後に動物病院の検疫舎で検査等を行い、健康が確認されたことから公開となりました。

画像 ユキヒョウ「コボ」 しっぽが立派!

 ユキヒョウは日本国内での飼育数が少なく(2014年12月末時点で日本国内に22頭)、海外の動物園と協力して繁殖計画を推進しています。

 コボの来園は、昨年3月にトロント動物園と多摩動物公園との間で取り交わした「ユキヒョウの保全繁殖に取り組む合意書」にもとづくもの。多摩動物公園の飼育数はオス2頭、メス3頭になりました。

画像 多摩動物公園に来園する前のコボ

 4月26日以降は、コボの状態を見ながらの公開になるので時間は不定期になります。

(神奈川はな)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー