ニュース
» 2016年04月26日 20時49分 UPDATE

アトピー性皮膚炎の原因遺伝子、理研など研究チームが解明 薬による予防法も

アトピー性皮膚炎患者にとって希望の光が……!

[ねとらぼ]

 理化学研究所を中心とした研究チームが、アトピー性皮膚炎の原因となる遺伝子をマウスの実験によって解明しました。さらに薬品の塗布による予防法も発見しました。

アトピー性皮膚炎 今回マウスを使って分かったアトピー性皮膚炎発症のメカニズム

 アトピー性皮膚炎はこれまで遺伝要因と環境要因の複合によって発症すると考えられていましたが、詳しいメカニズムは不明でした。そこで研究チームは、これまで存在しなかったアトピー性皮膚炎を自然発症するマウス「Spadeマウス」を作製し、その症状経過をたどりました。

アトピー性皮膚炎 今回「Spadeマウス」を作製したことそのものも、アトピー性皮膚炎研究において重要な成果と言えます

 同マウスを調べた結果、信号伝達分子「JAK1」のシグナルが表皮に強く入ることで皮膚バリアが破壊され、真皮(表皮の下にある線維性結合組織)の自然免疫系の活性化も招き、アトピー性皮膚炎を引き起こすことを確認。またJAK阻害剤を表皮に塗って発症を遅らせる方法、ワセリンを塗ってバリア機能を改善し真皮に炎症細胞が集まるのを防ぐ予防法も見つけました。

 今回の発見だけでなく、「Spadeマウス」を用いることでアトピー性皮膚炎発症に関わる複数の要因を分子・細胞レベルで明らかにできると共同研究チームは発表。それぞれのターゲットを決めた発症予防や治療法の確立に期待できます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー