ニュース
» 2016年04月28日 18時21分 UPDATE

ユーザー的にはこっちの方が楽かも? YouTubeがスキップできない6秒動画広告をスタート

スキップの手間がなくなったと考えれば。

[宮原れい,ねとらぼ]

 米Googleは、YouTubeの新しい動画広告サービス「Bumper」を5月から提供開始すると発表しました。現在多く見られる12〜180秒の長さの動画広告「TrueView」と違い、Bumperは最後までスキップできない6秒の動画広告となります。


YouTube動画広告サービス 「TrueView」は5秒過ぎるとスキップできる

 米Googleの調査では、米国在住の18〜49歳の約50%はネット動画を視聴する際、まずモバイル端末を選ぶという結果が出ており、Bumperはそうしたユーザーに適応した広告サービス。テスト段階では、BumperとTrueViewを組み合わせると効果が上がったそう。

 また、6秒の短い動画はシリーズもののCMにも適しているといい、例えば独Audiは新車のTureView広告動画から6秒分を抜き出したBumper広告動画を2つ作成しています。





 「Bumperは動画広告の俳句」とGoogleは定義しています。

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー