ニュース
» 2016年04月29日 10時30分 UPDATE

白黒写真をカラー画像に自動変換 早稲田大学の研究チームが発表した技術がすごい

よくわからないけど、とにかくすごいのはよくわかる。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 早稲田大学の研究チームが発表した、白黒写真をディープラーニングによりカラー画像へと自動変換する論文がとにかくすごいと話題です。

「白黒写真の自動色付け」に関する論文 研究チームが発表した手法を用いることで、100年前のモノクロ写真でも自然なカラー画像へと自動変換可能(画像は研究チームのホームページより

「白黒写真の自動色付け」に関する論文 論文によれば、モデル構造は「低レベル特徴ネットワーク、中レベル特徴ネットワーク、大域特徴ネットワーク、色付けネットワーク」からなる4つのネットワークによって構成されるという。なるほど……

 論文では、ディープラーニングによる「画像の大域特徴と局所特徴を考慮した新たな畳込みネットワークモデルを用いることで、画像全体の構造を考慮した自然な色付けを行うことができる」としています。100年前のモノクロ写真でも自然なカラー画像へと自動変換可能とのこと。論文内では研究チームの理論で変換されたカラー画像を、他の先端理論で変換したものと比較した画像も公開されており、その自然な着色ぶりが一目瞭然となっています。

「白黒写真の自動色付け」に関する論文 最上段が元となる白黒写真。上から2段目は2015年に香港城市大学の研究チームが発表した理論で変換した画像。上から3段目は早稲田大学研究チームの理論を、「大域特徴」を考慮せずに変換した画像。上から4段目が同研究チームの理論をフル導入して変換した画像。3段目の時点でかなり自然な着色がされているが、4段目ではるかに自然な着色となっているのが分かる(画像は論文の本文より



 また研究チームは同じくディープラーニングを用いた「ラフスケッチの自動線画化」に関する論文を発表。「白黒写真の自動色付け」論文と併せて、権威あるCGの国際会議「SIGGRAPH 2016」に採用されたことが研究チームの石川博教授のTwitterで報告されています。

 いずれの論文も全文がWeb上に公開されており、誰でも読める状態となっています。本文は英語で書かれていますが、論文概要は日本語訳も公開されています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー