ニュース
» 2016年04月29日 14時42分 UPDATE

これは止まりますわ 3Dアートを使った仮想減速帯がナイスアイデア

アートで安全に。

[宮原れい,ねとらぼ]

 横断歩道を3Dアートにすることで、「仮想の減速帯」として機能させようという試みがインドで行われています。

 インドの交通大臣Nitin Gadkari氏(@nitin_gadkari)は「3D絵画を仮想の減速帯として使うことで、よけいな減速帯を減らせないか試しています」と実際の横断歩道の画像と共にツイートし、注目を集めています。3Dアートはドライバーから見ると、車止めのような長方形のブロックがいくつも並んでいるように見えます。



 Twitter上ではこのツイートに対し、「抑止力として素晴らしい!」という賛成のコメントや、「反対にドライバーに危険な影響があるのでは」と懸念するコメントなど、さまざまな意見が寄せられています。インドでは交通事故が深刻な社会問題となっているためこのような横断歩道のアイデアが生まれたと思われますが、日本にあったら急ブレーキかけちゃいそうですね……!


3Dアート横断歩道 Nitin Gadkari氏(@nitin_gadkari)のツイートより

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー