ニュース
» 2016年04月29日 15時01分 UPDATE

ニコニコ超会議2016:ぎょろ目と太いしっぽが特徴的 シン・ゴジラ1号雛型が世界初公開!

思わず写真を撮る人が続出。

[Kikka,ねとらぼ]

 7月29日公開の映画「シン・ゴジラ」に登場するシン・ゴジラの1号ひな型(形状検討用)が、4月30日まで幕張メッセで開催中の「ニコニコ超会議2016」で公開されました。世界で初めての展示です。


シン・ゴジラ1号ひな型(形状検討用) 世界初展示されたシン・ゴジラ1号ひな型(形状検討用)

 展示されているのは庵野秀明総監督のコンセプトが詰まっているというシン・ゴジラのひな型模型。展示ブースの周辺には、シン・ゴジラの姿を一目見ようと多くの人が集まり、シャッターを切っていました。


シン・ゴジラ1号ひな型(形状検討用) ゴジラと言えば、大きくて太い脚 トレードマークの背びれは控えめ

シン・ゴジラ1号ひな型(形状検討用) 小さいながらも凶暴性を秘めた目

シン・ゴジラ1号ひな型(形状検討用) 歴代のゴジラシリーズの中でも太く長めの尻尾

 ギョロっとした小さな目や、不ぞろいに生えているサメのような歯など、シン・ゴジラの特徴的なデザインは、1号ひな型の段階から検討されていたようです。


シン・ゴジラ1号ひな型(形状検討用) 赤くケロイド状になった皮膚のシン・ゴジラ(映画「シン・ゴジラ」HPより引用)

 一方で、先日公開された全身ビジュアル(関連記事)に登場した赤いケロイド状の皮膚については表現されておらず、どの段階で皮膚のデザインが変更されたのかが気になります。


シン・ゴジラ1号ひな型(形状検討用) ショーケースに入れられて展示されていたゴジラ

シン・ゴジラ1号ひな型(形状検討用) 別のイベントブースには樋口特技監督の姿も

 シン・ゴジラ1号ひな型を制作をしたのは近年、特撮映画などのキャラクターデザインも担当している造形作家の竹谷隆之さん。間近で見てみると皮膚のひだに至るまでかなり手間をかけて造形されていることが感じられました。


シン・ゴジラ1号ひな型(形状検討用) 見るものの恐怖感をあおる横顔

 いろいろな角度でシン・ゴジラの撮影をしていたサラリーマン風の男性は「昔からのゴジラファンで、シン・ゴジラ(の模型が)目当てで来場しました。映画の公開が待ちきれない」と笑顔を見せてくれました。ファンも納得のキャラクタービジュアルに映画の期待値が急上昇です。


(Kikka)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー