ニュース
» 2016年04月29日 18時36分 UPDATE

八景島シーパラダイスで“超貴重”なラブカの受精卵を展示、卵殻の中で動く仔魚の姿が見られる

これが生きる姿。

[宮原れい,ねとらぼ]

 「生きた化石」といわれている非常に希少な深海性のサメ「ラブカ」の受精卵が、4月26日より横浜・八景島シーパラダイスの水族館「アクアミュージアム」で展示されています。


ラブカ受精卵

 「ラブカ」自体、水族館に生きた状態で展示されることがまれで(現在、横浜・八景島シーパラダイスで「ラブカ」の生態展示は行っていません)、さらにその受精卵は20年間水族館で働く飼育員ですら見たことのないほど“超貴重”とのこと。

 現在、受精卵は発生が進んで、仔魚(しぎょ)は2センチほどに成長、卵殻の中で動く仔魚の姿を見ることができます。



(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう