ニュース
» 2016年05月02日 09時02分 UPDATE

なにこれ、冒険したい! 実在の都市の80年代RPG風マップ「8-Bit City」

8ビットのBGMを流しながら眺めたい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 実在する都市を80年代RPG風マップで見られるサイト「8-Bit City」が公開されています。現在、アメリカのニューヨークから、イギリスのロンドン、フランスのパリなど世界の18都市が8ビット化されていて、日本の京都も含まれています。


8-BitCity ニューヨークが8ビットに

8-BitCity Googleマップでのニューヨーク

8-BitCity ズームも可能

 実際にGoogleマップと比較してみると再現度が高いです……! ニューヨークが一番分かりやすいのですが、離島や川を含む都市の形が本当にそのまま8ビットになっています。左上のボタンでズームもできて、都市によっては7段階くらい拡大して見ることが可能です。


8-BitCity8-BitCity 木アイコンでの再現……!

 Googleマップの「Earth表示」と比較するのも面白く、木の8ビットアイコンをうまく使って、街の中の緑を再現しているのを確認できます。8ビットのマップ上で、木アイコンで囲まれているところを見ると「あそこはどこかの洞窟をくぐっていくのかな?」とかRPG的な想像をしてしまいます……!


8-BitCity ニッポン、京都!

8-BitCity Googleマップより、京都(Earth表示)

8-BitCity8-BitCity スターバックスコーヒーの主張がすごい

 日本の京都もうまく再現されていて、特に京都御所や鴨川がパッと見て分かるようになっています。あと目に付くのが、ズームで見た時に8ビットマップに表示される「STARBUCKS COFFEE」の文字。海外仕様だからなのか、京都タワーの周りにさまざまな施設がある中で「スターバックスコーヒー京都タワー店」がピックアップされていました。

 8ビット世代なら、これを見ながら実際の都市を散歩すれば冒険気分を味わえること間違いなし! ……ただ、きっと途中でGoogleマップに切り替えそうですが。

(宮原れい)

関連キーワード

地図 | Google Maps | 再現


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう