ニュース
» 2016年05月02日 14時30分 UPDATE

漫画家・吉野朔実さんが病死 代表作に「少年は荒野をめざす」「period」など

「吉野朔実劇場」を連載中だった「WEB本の雑誌サイト」が報じている。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 漫画家の吉野朔実さんが4月20日、病気のため亡くなった。「吉野朔実劇場」を連載中だった本の雑誌社と博報堂によるWebサイト「WEB本の雑誌サイト」で報じられた

吉野朔実さん訃報 吉野朔実さんの訃報(WEB本の雑誌サイトより)

 吉野さんは1959年2月19日生まれ。「ウツよりソウがよろしいの!」(ぶ〜け)でデビューし、85年には「少年は荒野をめざす」、88年には「ジュリエットの卵」を連載開始。後に代表作となった。2014年には、小学館「IKKI」にて「period」の新章が4年ぶりに掲載された。

「period」第5巻 「period」第5巻(Amazonより)

 「テルマエ・ロマエ」などの作品で知られる漫画家のヤマザキマリさんは、この訃報に触れ、「吉野朔実さんの作品は漫画家になる前から周りの友人達に『漫画に興味が無くてもこれは読んで』と薦められたりプレゼントされたりして、本棚には何冊も並んでいます。同じ作品を何度も何度も繰り返して読みました。ご冥福をお祈りします……」と吉野作品の思い出をツイート。「あさはかな夢みし」(アフタヌーン)を連載中の瀧波ユカリさんや、作家の小路幸也さんらも悲しみをあらわにしている。


関連キーワード

漫画 | 訃報 | 漫画家


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう