ニュース
» 2016年05月02日 21時42分 UPDATE

猫カフェに猫シェアオフィス 5階全てが猫施設の「ネコビル」、オープンに向け支援募集

保護猫カフェ「ネコリパブリック」が実施。5月3日に大阪府大阪市でオープンする予定。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 保護猫カフェ「ネコリパブリック」が、クラウドファンディングサイト「kibidango(きびだんご)」で、大阪府大阪市に「ネコビル」をオープンするための資金を募っています。5階すべてに猫関連施設が入った、にゃんとも猫尽くしなビルになる予定。オープンは5月3日。


画像


画像 猫好きの夢を体現したビルになりそう

 ネコリパブリックは、保護猫の里親探しとビジネスの両立を目指す猫カフェ。現在、大阪府にある大阪心斎橋店は、保護猫57匹が飼育されていた物件を利用して、2014年にオープンしました。「ネコビル」はその移転先となります。

 1階は猫を眺めながらコーヒーやスイーツ、夜にはビールが楽しめるカフェバー。4階は猫と一緒に昼寝や読書ができるプライベートスペースなど、各階に猫関連施設が入ります。

 調達資金の目標金額は1000万円で、受付は22日まで。1800万円に到達した場合は、5階に猫のいるシェアオフィス、屋上にパーティースペースを作る予定。出資は2222円から可能で、ポストカードや全国の各店舗で使えるチケット、平日にネコビルを貸しきる権利などがゲットできます。


画像 1階のカフェには、猫が入ったケージがドーン!


画像 2階では、ネコリパブリックが主催するイベント「ネコ市ネコ座」で展示される作品を販売


画像 3階はキャットウォーク、キャットタワーなどを設置した猫カフェ


画像 4階は猫だらけの空間で昼寝、読書ができるプライベートスペース

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう