ニュース
» 2016年05月04日 10時30分 UPDATE

スターバックスの冷たい飲み物、氷が多すぎると約5億3000万円の損害賠償を求められる

過去には「コーヒーが熱過ぎてやけどした」と主張して裁判になったケースも。

[ねとらぼ]

 コーヒーチェーンのスターバックスコーヒーが販売している冷たい飲み物は氷が多すぎるとして、シカゴ在住の女性が訴訟を起こしたとCNNMoneyをはじめ米メディアが報道している。

スターバックス 訴訟について(CNNMoneyの記事より)

 スターバックスコーヒーの冷たい飲み物を客が求める場合、そのカップのサイズで注文しているが、実際は氷が多すぎるため表示されている容量よりも少ないと訴えている。特大の「ベンティ」サイズは24オンス(約710ミリリットル)とのことだが、計測すると飲み物そのものは14オンスしかなく残りは氷だったという。

 これは客を欺く行為だとして少なくても500万ドル、日本円にして約5億3000万円の損害賠償を求めている。

スターバックス 米スターバックスのサイトに掲載されているドリンク例。氷……多いと思う?

関連キーワード

スターバックス | 賠償 | 飲料


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう