ニュース
» 2016年05月04日 15時58分 UPDATE

「これは欲しい!」と話題の「カエル図鑑」 今後の販売や経緯について作者に聞いた

カエルが苦手な人や関心がなかった人にも見てもらいたい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 愛のあるかわいらしいイラストが、「これは欲しい!」「買いたい!」とTwitterで話題になっていた「カエル図鑑」。描かれたカエルたちはコミカルで親しみやすく、なおかつしっかりと特徴も押さえており、完成度の高さが伺えるものとなっている。



カエル図鑑 カエル図鑑の表紙。「Croak」はカエルの鳴き声のこと(画像提供:黒川宇吉さん)

 ねとらぼの取材に応じてくれた作者の黒川宇吉さん(@w0o0w_ukichi)によると、このカエル図鑑では日本のカエル21種、国外のカエル24種を紹介。イラストはある程度リアルさを残しつつ、仕草や小物で擬人化しているとのことで表情豊かさが絶妙だ。

 提供していただいたイラストを見ていくと、椅子に座ってフォークやナイフを持っていたり、手で敬礼のポーズをしていたりと、カエルがリアルなだけにその姿にほっこりする。ただ、かわいらしさとリアルさの両立は難しいようで、カエルの種類と見る人によっては「グロテスクね……」といわれることもあるそう。筆者的にはこのぶにぶに感とか色味とか最高なのだが。


カエル図鑑 愛らしいフォルムをした「イエアメガエル」。フォークとナイフを持ち、舌なめずりしている
(画像提供:黒川宇吉さん)

カエル図鑑 敬礼する「アメフクラガエル」は、その不機嫌そうな顔もたまらなくかわいい∠( ̄^ ̄)
(画像提供:黒川宇吉さん)

 卒業制作でカエル図鑑を作ることになった黒川さんは、当初から確固としたコンセプトがあったわけではなく、好きなものをたくさん描いた結果だったと振り返る。それを一冊にまとめるようにしてできたのが図鑑となった。制作目的は、「カエルが苦手な人や関心がなかった人に興味を持ってもらう」こと。展示した卒業制作展で観覧者が書き込みしてくれた“感想ノート”は今でも残しているそう。

 この卒業制作でいろんな種類を調べて、子どものころから好きだったカエルによりひかれていったという黒川さん。「同じカエルの中でも、種類によって生活の仕方が全然違って、顔形もさまざまなので見ているのがとても楽しい」とその理由を教えてくれた。


カエル図鑑 枯れ葉に擬態する「ミツヅノコノハガエル」はなんとなくイケメンに見えます……!
(画像提供:黒川宇吉さん)

カエル図鑑 朝にあくびしているような「ヒメアマガエル」は、“小さい”ということが花の中に収まっているイラストで分かる
(画像提供:黒川宇吉さん)

 普段の制作について聞いてみると、黒川さんは普段も変わらずカエルを中心に生物のイラストやグッズを制作したり、たまに人物イラスト(応援しているアーティストさんの似顔絵など)を描いたりしているとのこと。黒川さん自身のサイト黒宇堂では「カエル図鑑」のイラストの他、さまざまな作品を見ることができる。

 そして、気になる本の販売などの予定については、「まだ何も手をつけてないので確定的なことは言えませんが、 こんなに多くの方に反応を頂けたので、手に取って頂ける形にはしたいなと思っています!」ということで、今後、黒川さんの「カエル図鑑」(または関連グッズ)を手にできる日は近いのかもしれない。


カエル図鑑 黒川宇吉さん(@w0o0w_ukichi)のTwitterより

(宮原れい)

関連キーワード

カエル | 卒業 | アーティスト


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう